外付けハードディスク故障

本日は外付けハードディスクのことについて書きます。

1か月ちょっと前にRAID0構成のNASが故障してデータ復旧依頼だったお客様に納品した外付けハードディスクが、読めなくなったとのことで、ご来店になりました。早速その外付けハードディスクをチェックして確認すると、「カタカタ音」がするではないですか。ま、びっくり仰天です。物理障害ですね。まだ1か月くらいで偶にしか使用してないのにと大分ご立腹です。僕も14年営業しておりますがこのようなことは初めてであります。

 

ここで考えられる原因は、取外しの際に「デバイスの取外し」をしっかりと行っていたかになります。お話によりますと、数人で外付けハードディスクを必要なデータがあるたびに回して使用していたということですので、やっていなかった人がいた可能性が高いと思います。

お客様側からすればNASも外付けハードディスクも同じである認識なのですからね。

良くUSBメモリなど、観察していると、勝手に取り外しているお客様が非常に多いです。勝手に取り外すと壊れますよと言うと、あ、いつもは正しくやってるけど今回は、忘れたなんて言ってますけど、習慣が、とっさに出ていることは、間違いない根拠です。

今後は、二次災害に合わないように、マニュアルを作成して、データ復旧依頼の方にはお配りすることにいたしますた。でも、外付けハードディスクの取説付けて渡していても、貰ってないっていうことが現状ですので、あえてこちらで作成したものをさらにおまけでお渡しすることにいたしました。

機械ものは、使い方次第で寿命が短くなりますので、くれぐれもバックアップは二十に行いましょうね。

パソコンの寿命について

パソコンって壊れたら買い替える人と修理する人に二分しますが、どちらが良い悪いは、個人の選択なので自由ですが、処分の時どうしていますか?

下取りであれば良いのですが、そのまま捨てるのはもったいないですね。

パソコンでパーツ(部品)でCPUが故障することは非常に少ないのです。だからデスクトップパソコンでCPUにCorei3,i5,i7であればそのCPUを利用してパソコンを組み上げることができること知らない方が非常に多いです。もったいないので、オークションで、販売するもよし、予備機で作成も良いですよ

でも分解や取出しができない方もいらっしゃると思います。ご相談いただければお手伝いさせていただきます。メモリだって壊れていない場合もありますし、DVDも問題ない場合も多々あるんです。中には他所でマザーボードが壊れている診断で購入を進められて検討し、当店に持ち込まれたら、電源コードが断線していただけなんてこと多々まりました。修理屋でも色々ありますが、お客様も、ある程度知識無いと、騙されているかもしれませんので注意しましょうね。

先日もとある法人様に出張で行ったら事務所の片隅にパソコン4台もあったんでそれ処分ですかと尋ねるとこわれたので、そのうちに処分すると仰ったので確認すると、HDD(ハードディスク)だけが壊れているのと、電源ユニットが壊れていただけのと、メモリのみが壊れていただけなのに、修理するより購入した方が安いと言われて新しく購入されていました。修理見積は7万以上と言われれば、それも納得ではありますが、一つは1万円以下で直せるもあり僕にとっては信じがたい出来ことでしたが、結構この様なことが多々あるのも現実であることが非常に同業者として悲しい限りです。

この様なことにならないためには、2,3社でお見積りをお勧めいたします。

そうすれば、修理箇所が同じところがでるでしょうし、後は価格で判断するか、納期か技術力か接客力などで判断してください。

コムシーズでは、4年以内のパソコンであれば壊れていても、買取可能ですので、検討してみてください。

買取できるパールは、ノートパソコンの場合は液晶パネル、メモリ、DVD、OFFICEソフト、キーボード、デスクトップはCPU、メモリ、DVD共に美品であることが高額査定となります。黄ばみ、ほこり、傷汚れは減点となります。キーボードの文字切れは不可となります。+アルファはリカバリディスク付きは良いですよ

Cloudの有効活用

Cloudについて

最近クラウドってよく耳にする機会が非常に増えたので、何となくわかってる言葉は聞いたことあるという人は多いでしょうね。

今までは自社内にサーバーを設置して、拠点間をネットワーク(WAN)でしたが、クラウドの出現により、データセンターがサーバー代わりになりますので、運用費が安くなるメリットがあります。デメリットとしては回線が障害時には、業務が停滞してしますので、現在は並行稼働の所も多いと思います。小規模な会社であれば

スマホをルータとして活用してネットワーク化で回避できますが、無線LAN環境でないとちょっと面倒です。

クライドの安全性について、あの企業のクラウドだから安心だって、思い込むのもどうかなって感じます。無料よりは良いかもしれませんが、現在出回っている暗号化技術はRSAですが、2017年10にも秘密鍵を解読できるってニースでも話題になってました。管理者は何時でもデータの中身を閲覧できるようになっています。

昨今AIの発達によってマイクロソフト社cortanaや最新のWindowsUpdate後はIMEの予測変換ミスを送信させたがるメッセージが頻繁にでます。今は無効にしていますが、そのうちできないようになる気がしています。プライベトと仕事でも重要なことは、パソコンで現在は使い分けて仕事しています。一番セキュリティーが強力なものは、ネットにつながないもが一番ですけどね。AppleはSirが勝手に反応する時もあるし監視されているかもしれません。cortanaも最初は面白がって使っていたが、良く考えると、入力した内容が全部マイクロソフト社に送られているわけですから、どうなのかと思い今は使用と止めています。

何でも無料で使えるってことは、無料で提供していることはあり得ません。真面に考察すれば、それ以上に相手側に何らかも「メリット」があるはずです。

預けているデータから地域や職業、年収、学歴、趣味、本人の思考パターンまで、国家に対して、良くない国民をリサーチもできる世の中になってます。

実はマイナンバーもRSAって知ってましたか、早く安全な暗号化セキュリティーを導入してほしいです。このままでは映画でありましたが「イレーサー」シュワちゃんが主役のが現実味をましてきます。ある日一般市民が犯人に入れ替わってしまう内容です。当社はLinuxでサーバーを自社に構築しれ外部を遮断してます。